経理業務を行うときに便利なのが会計ソフトです。経理の知識がある方が使いやすいですが、経理の知識がなくても利用しやすいタイプがあります。会計ソフトで何ができるのか知っていると、使っていない人も使いたくなるかもしれません。

税務申告用会計ソフト

個人事業主や一般企業は、事業に関わる収入の状況を申告して税金を払わなくてはいけません。会計ソフトを利用すると、日々の取引の記録が登録でき、申告に必要な会計処理が行えます。それ以外にもいろいろな作業が行えます。

会計ソフトは仕訳が分からないときにサポートしてくれる

会計ソフトの導入を決めるきっかけは、それぞれの企業の事業内容や従業員の人数などによりますが、スピーディーに経理作業を進めるうえで、積極的に人気製品の特徴を調べることがおすすめです。特に、仕訳が分か…

» Read More

会計ソフトは入力した数字が間違っているときに教えてくれる

会計ソフトは、税務申告の作業をスムーズに行うために役立つツールとして全国の民間企業や個人事業主の間で普及しています。特に、機能性が優れている会計ソフトの中には、入力した数字が間違っているときに教え…

» Read More

会計ソフトなら税務申告書の作成ができる

毎月こつこつ作業するだけで申告が楽に

毎年やってくる決算の時期、様々な帳簿を照らし合わせて申告書を作成するのが大変である、という悩みを抱えている人は少なくありません。特に法人は申告するものが多いため、会社の規模などによっては、税理士を雇わざるを得なくなるほど複雑になることもあるでしょう。 一方、まだ規模が小さい法人や個人営業主であれば、会計ソフトを利用することで税務処理の手間を減らせるかもしれません。なぜならば、昨今の会計ソフトは、提出する申告書を自動作成してくれる機能が搭載されていることが多いからです。更に、インターネット上での税務申告が可能となっているため、準備を整えれば税務署に赴く必要もなくなります。毎月の締め日ごとにデータを入力しておけば、年末や年度末に慌てて対応する必要がなくなることでしょう。

会計ソフトを選ぶ時は

少し前の会計ソフトは、ソフトウェアを購入してパソコンにインストールして使うタイプのものが一般的でしたが、今ではすべての処理をオンラインで実行できるタイプも人気を呼んでいます。インターネット環境とログインパスワードさえあれば、どのパソコンからでもアクセスし、会計データの入力や確認ができ便利です。また、オンラインの場合、申告書の様式に変更があった場合などでも、ソフトウェアのアップロードを行う必要がなく、手間がかかりません。 ただし、非オンラインで作業する場合と比較すると入出力においてデータ通信が発生するため、なかなか画面が切り替わらないといったトラブルが起きる可能性は高くなります。特定のブラウザでは正常に動作しない可能性もあるので、利用時に推奨される環境に適合しているか確認しておきましょう。

管理会計ができる会計ソフト

会計ソフトを利用する目的は、まずは申告用や株主報告用の資料を作成するためになるでしょう。それ以外に経営に役立つ情報を利用して、売上アップや経費削減のために使うときがあります。便利な機能を知っておきましょう。

売上アップを支援してくれる機能

数ある会計ソフトの中でも、売上データをグラフや数字で簡単に把握できる機能が備わっている製品は、売上アップのために大きな役に立つことがあります。特に、使い勝手の良い会計ソフトを選ぶにあたっては、大手…

» Read More

無駄な経費を発見しやすい機能

企業活動を行うときは売上をどんどん伸ばす活動をするでしょうが、そのたきには経費を使います。その差額がプラスであれば利益になりますが、利益が出ていればいいわけではありません。無駄な経費が発生している…

» Read More

会計ソフトなら数字以外のグラフで業績把握できる

どんな事業を展開していても、会社経営では様々な形で大金が流れていきます。そのお金の流れを数値化し正確に管理する事が経理・会計・財務であり、それらの業務をサポートするツールが会計ソフトです。現在出回…

» Read More

会計ソフトを使うメリット

会計ソフトとは、個人や法人の収入や支出を入力していくことで、財務状況を明らかにしてくれる専門のソフトです。